車検

代行車検を利用して車検を受ける際に生じる大きなリスクとは?

車を新車で購入すれば初回3年経過後に、それ以降は2年経過ごとに車の安全基準を国の定めた規定値に適合しているか検査をしなければいけません。所謂、車検というものですね

車を所有している人の大多数の方はディーラーや整備工場に車を数日間預けて車に不具合があれば、プロの整備士に整備をお願いをして車検と通すということが一般的な車検と思われているかもしれません。

ですが、実は車検というのは必ずしも整備士による整備をセットにしなければならないという決まりはないのです。極端な話、車の知識が全くない人でも書類上では車検を通すということは何の問題も無いのです。

そこで出てくる話として、代行車検やユーザー車検というものがディーラーや整備工場と比べて格安で受けられるということもあり、近年では様々な企業が格安競争を繰り広げているという状況があります。

そもそも代行車検とはどのようなもの?

代行車検というのは、車検を通す手続きをユーザーに変わって代行して行うというものです。ちょっと難しいので簡単に説明していきましょう。

ディーラーや整備工場に車検をお願いすると、保安基準に適合するように足回り等をチェックし、次回の車検まで安全に乗れるようにブレーキパッドを初めとした消耗品の交換などを行います。

車の安全を維持するためには、ドラムブレーキの分解やロアアーム、タイロッドエンドなどの部品のチェック及び交換は車検時に定期的にプロの整備士に診断してもらわなければ重大事故の原因となります。

ですが、このようなブレーキを初めとした足回り部品を取り外すという作業を行うには国が定めた一定基準を満たしている整備工場でなければ行うことはできません。

代行車検業者は分解整備ができないケースが多い

代行車検業者の多くは国からの認証(分解整備)を得ていないために足回りを分解して車の健康状態をプロの目線で見るということはできませんし、違反した場合には厳しい罰則が設けられています。

そのために、代行車検業者はお客さんから預かった車を整備することなく、入庫した当日に陸運局まで車を運び完成検査だけを行って、お客さんの元に納車を行うという流れが代行車検ということになります。

代行車検は車の状態を確認せずに車検に通す

上記で説明した通り、代行車検は車の状態を確認せずに検査ラインの合否で車検証が発行されてしまいます。陸運局の検査ラインに合格したのだから、別に問題はないのでは?と思われるかもしれません。

それは誤りで、陸運局の検査ラインというのは車の保安基準が国の定める基準に達しているか?ということを判断する検査だけで、陸運局の検査でブレーキパッドの残量などを確認するということはありません。

お客さんが車検に求めている内容と一致しない

車検を委託するお客さんが車検に求めていることは、次回の車検まで安全に車が乗れるようにプロの目線で整備をしてもらうということだと思います。だって途中でタイヤが外れたら重大事故の元ですからね。

しかし、代行車検の場合には必要な整備をせずに検査ラインを通した時点での合否判定で車検証が発行されてしまうので、安全という面ではお勧めできませんし、安全を求めているお客さんの内容と一致しません。

代行車検の検査ラインだけ通すと何か危険なの?

代行車検は検査ラインだけ通す。ということはすでに説明しました。それでは代行車検の何が問題なのか?ということについて解説していきます。

車というのは消耗部品が多く使われており、走る距離数や年数によって消耗具合は異なります。そこで認証を取得した整備事業者であれば、次回の車検まで安全に走れるように整備を行い検査という流れを取るのです。

陸運局の検査ラインというのは、現時点での車の保安基準が適正か?ということを確認するだけであり、極端な話、ブレーキパッドの残量が1mmであってもブレーキ制動検査で基準以上であれば合格します。

このような状態で検査ラインに合格して、お客さんへ納車を行うということをすると、数日後にはブレーキを踏むと異音がする。最悪の場合にはブレーキが利かなくなるといった事故が発生してしまうのです。

整備工場で車検を行うメリットとは?

これまで、車検代行で車検を行うデメリットについて紹介してきましたが、次からは整備工場で車検を行うメリットについて紹介していきましょう。

車検代行に比べて費用が比較的高い傾向にある整備工場ですが、車を安心して乗るという事はドライバーにとっても社会にとっても重要なことです。

僕は整備士という職業柄、様々なロードサービスに伺いましたが、走行中にタイヤが外れて走行不能になった、補機ベルトが切れてプーリに絡みついてエンジンがストップしたなどのケースを見ています。

その殆どの事故の原因というのは、ユーザー車検や車検代行などでメンテナンスが行き届いていない車でした。事前にしっかりと部品を交換していれば防げた事故であるものが大多数を占めています。

車検代行の値段だけを見ずに、しっかりと車のメンテナンスを行うという意味でも、プロの整備士が勤務している整備工場で車検を受けるということが、車を運転する上では非常に重要になるものなのです。

整備士による分解整備で事故を未然に防げる

上記のイメージ図を見て欲しいのですが、整備工場での車検は整備士による分解整備を行って、消耗している部品等があれば次回の車検まで安全に乗れるように部品の交換を行ってくれます。

車というのは消耗品の塊であり、一切交換しなくてよい部品というのは少なく、定期的なメンテナンスは必須となります。そのメンテナンスを2年に1回のペースで車検時に点検することが本来の車検の意味なのです。

急な車のトラブルが起きても相談ができる

代行車検では、整備士の資格を持たなくても事務仕事で車検手続きが出来てしまいます。これは車の知識が無い人でも車検業務に関する仕事は出来るということです。実はこれにもデメリットがあります。

それは、車検代行業者は車検の申請書を陸運局に提出をして、検査コースで合否を判断してもらうだけなので、代行業者に委託したお客さんが急な車のトラブルで持ち込んでも複雑なことは分からないために対応してもらえないというデメリットがあるのです。

一方、整備工場であれば実施した整備に保障を付けるということが一般的ですので、急な車のトラブルが発生した際には、プロの整備士に相談ができるという大きなメリットがあるということ知っておきましょう!

車の寿命を伸ばすオイル交換の基礎知識と重要性を整備士が解説次のページ

関連記事

  1. 車検

    維持費を削減するために無車検で公道を走行する恐ろしいリスクとは?

    初心者くん、新車を納車して3年目だけど、そろそろ車検じゃない?…

  2. 車検

    車検ステッカー「検査標章」の簡単な貼り方を整備士が伝授!

    車検から車が戻ってきた数日後に郵送で車検ステッカーが届いたんだけど、…

オススメ記事

お問合せフォーム

    1. メンテナンス

      超危険!サイドブレーキランプ常時点灯の怖い意味を整備士が解説
    2. メンテナンス

      知らないと大損?新品タイヤに黄色と赤色の丸マークがある理由
    3. クルマの保険

      交通事故発生時の強い味方「弁護士費用特約」とは?
    4. メンテナンス

      故障すると修理費用が高いO2センサーの役割を理解しよう!
    5. クルマの保険

      自動車保険のオプション「ファミリーバイク特約」とは?
    PAGE TOP