クルマの保険

自動車保険のオプション「ファミリーバイク特約」とは?

車と原付バイクを持っているんだけれど、原付は任意保険に入っていないんだよね。

原付も万が一の事故に備えて、任意保険に加入するということが大切だよ。

でも、原付まで任意保険に加入すると維持費が高くなってしまうんだよ!

そんな時には自動車保険のオプションである「ファミリーバイク特約」がオススメ!

移動手段として便利な「原付バイク」しかし、原付バイクは車と異なり、任意保険に加入をしている人の割合は少ない傾向にありますが、万が一のリスクを回避するという意味でも任意保険に加入することが大切です。

しかし、車と原付バイクの双方に任意保険に加入をするとなると、年間の保険料が高くなってしまうという理由で加入をしないケースが多いのでは?そんな時にオススメできるのが「ファミリーバイク特約」です。

車と原付バイクを所有しているならば、別々に保険を契約するのではなく、自動車保険のオプションであるファミリーバイク特約を利用すると、年間の保険料を抑えながら原付バイクにも補償が適用されます。

原付バイクも任意保険に加入しなければいけない理由

原付にも任意保険に加入しなければいけない理由

原付バイクを公道で走行するためには、自賠責保険の加入が義務付けられており、これに違反して自賠責に加入せずに公道を走行すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」という処分となります。

自賠責は保険ですので「自賠責保険に加入しているから任意保険に加入する必要がない」と思われるかもしれませんが、自賠責の補償範囲というのは相手方の身体の損害に限って補償金が支払われるものです。

補償対象支払い限度額
相手方の傷害120万円
死亡3.000万円
後遺障害4.000万円

自賠責の補償額は一見すると必要十分に思えるかもしれませんが、相手方への補償には治療費、看護料、通院交通費などを合わせると120万円は軽く超えてしまいますので、差額分は自己負担での補償となります。

相手方への補償

  1. 治療費
  2. 看護料
  3. 諸雑費
  4. 通院交通費
  5. 診断書の費用
  6. 慰謝料
  7. 休業損害

もし、事故を起こしてしまって相手方への補償を行う際には、身体に対する補償だけでなく、診断書や休業したことによって生じた損害など、幅広く補償を行わなければならない責務を負うことになります。

原付バイクも歩行者と接触すれば、相手方を死傷させるリスクは車と同等ですので、原付バイクを自賠責保険だけで公道を走行するということは控えて、しっかりと任意保険に加入することが大切なのです。

ファミリーバイク特約とは?

ファミリーバイク特約とは

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯される特約で125cc以下のバイクに対して対人事故や対物事故に対して補償を付けることができる特約となり、自賠責でカバーできない範囲の補償を行います。

バイク保険は単体で加入することも当然可能ですが、車を所有していて、125cc以下のバイクを所有しているという場合には、個別でバイク保険に加入するよりも安い保険料で加入できるというメリットがあります。

「補償範囲が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ファミリーバイク特約の補償範囲は基本的に自動車保険に契約している内容と同等の補償をバイクにも適用することができるのです。

自動車保険の対人対物補償の限度額が無制限であった場合には、ファミリーバイク特約で補償される限度額も同様に無制限で補償されますので、万が一の補償としては十分な特約の内容となっています。

ファミリーバイク特約の対象となる車両とは?

ファミリーバイク特約の対象車両

ファミリーバイク特約を付帯できる車両は125cc以下のバイク、50cc以下の三輪以上の自動車が対象となります。125cc以下のバイクとは、スクーターやミッション車で総排気量が125cc以下のバイクの事を指します。

対象となる車両

  1. 総排気量125cc以下のバイク
  2. 50cc以下の三輪以上の自動車

50cc以下の三輪以上の自動車とは、バギーカーなどのミニカーのことを指します。注意が必要なのは50ccを越える排気量のミニカーはファミリーバイク特約での付帯はできませんので車両の確認が必要となります。

そして125ccを越える中型バイクや大型バイクはファミリーバイク特約の付帯はできませんので、別途バイク保険の契約が必要になるということを理解しておきましょう!

ファミリーバイク特約の補償対象者は?

ファミリーバイク特約の対象人物

ファミリーバイク特約での補償対象となる範囲は下記の表の通りとなり、自動車保険の運転者の範囲や年齢条件はファミリーバイク特約では適用されません。

例えば、自動車保険で年齢条件を30歳以上補償で契約している場合であっても、原付免許しか持たない16歳の学生が事故を起こしてしまった際にも補償の対象となり、補償金が支払われることになります。

補償対象者

  1. 自動車保険の記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の別居の未婚の子ども

「自動車保険の記名被保険者」とは、自動車保険の契約をしてる本人となります。

「記名被保険者の配偶者」とは、契約者の妻や夫が原付バイクを運転中に起こした事故に対して補償が適用されます。

「記名被保険者または記名被保険者の配偶者の同居の親族」とは、配偶者と同居をしている叔父や叔母、子どもが起こした事故に対して補償が適用されます。

「記名被保険者または記名被保険者の配偶者の別居の未婚の子ども」とは、実家を離れて一人暮らしをしている大学生が原付バイクを使って通学するというケースでも補償範囲が及ぶということですが、未婚の場合に限り、別居の既婚の子は補償範囲には含まれません。

ファミリーバイク特約の5つのメリット

ファミリーバイク特約のメリット

ファミリーバイク特約では125cc以下の原付バイクに対して、特約で補償が付帯可能という事を解説してきました。次の記事からはファミリーバイク特約がオススメできる5つのメリットについて解説しています。

自動車保険を契約しており、原付バイクを本人や配偶者などが利用する場合には、個別でバイク保険を契約するのではなく、ファミリーバイク特約を利用する方が保険料や補償内容が充実するケースが多いです。

単体でバイク保険に加入するより格安

ファミリーバイク特約は、自動車保険の特約として付帯する保険ですので、個別でバイク保険に加入するよりも安くなる傾向があります。

単体で50ccの原付バイクに対して任意保険に加入した場合には、一年間で2万円前後の保険料が必要になりますが、ファミリーバイク特約は契約内容にもよりますが、1万円前後の保険料で加入できます。

補償対象者が幅広い

これは上記で解説しましたが、ファミリーバイク特約は本人と配偶者、その親族や子供など、補償される範囲が広いというのが大きなメリットです。

バイク保険では、年齢条件や本人限定などの対象者が狭いケースがありますが、ファミリーバイク特約は同居する家族や、別居中の未婚の子供など、補償対象となる範囲が広いという特徴があります。

補償台数に制限がない

ファミリーバイク特約は、自身が所有する特定の原付のみ補償が適用されるという訳ではなく、家族が所有する原付や、友人から借りた原付で事故を起こした際にも補償が適用されます。

自動車の場合には、車の所有者や運転していた人が契約者以外であったという場合には、補償が行われないというケースもありますが、ファミリーバイク特約は、所有者が誰であっても補償がされます。

年齢条件がない

自動車保険には、補償の対象となる保険者の年齢条件の規定があります。これは事故を起こした当事者の年齢が契約時に申告していた年齢と異なっている場合には、補償の適用外となってしまうという訳です。

これは年齢が若いと、運転技術の未熟さから事故の確率が高くなるという理由で年齢の条件を設けている訳ですが、ファミリーバイク特約の場合には年齢条件に関係なく補償が行われるメリットがあります。

保険を使用しても翌年の等級に影響がない

自動車保険は一般的に、契約期間中に事故を起こしてしまった場合には、3等級ダウン事故と、1等級ダウン事故のように等級が翌年から下がってしまい、保険料が割高になるノンフリート等級制度があります。

しかし、ファミリーバイク特約では、契約期間中に保険を使ったとしても翌年の等級に影響がないノーカウント事故として扱われます。そのため万が一、事故を起こしてしまった場合にも等級が下がりません。

ファミリーバイク特約の注意点

ファミリーバイク特約の注意点

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯する特約です。自動車保険における等級による割引などは適用外となるなど、異なった性質がありますので、バイク保険との違いを理解した上で契約するようにしましょう。

そして、ファミリーバイク特約は自動車保険に付帯する特約という性質上、バイク保険と比べると、補償内容やサービスが劣るケースもありますので、メリットとデメリットを理解した上で付帯の有無を考えましょう。

125cc以下の排気量に限る

ファミリーバイク特約で補償金の支払いの対象となる車両は、総排気量が125cc以下までのバイクと、50cc以下の三輪以上の自動車の事故に限って補償金が支払われる特約となります。

そのため、総排気量が125ccを越える中型バイクや大型バイクは、自動車保険とは別にバイク保険に加入する必要性があるということを理解しておきましょう。

ノンフリート等級による割引はない

自動車保険やバイク保険では、一年の契約期間中に無事故の場合には等級が一つ上がり、翌年からの保険料が等級に応じて割引が行われるノンフリート等級という割引制度があります。

しかし、ファミリーバイク特約で契約するバイクには、自動車保険やバイク保険のようなノンフリート等級は無く、無事故を継続したとしても保険料は毎年、一律の保険料となります。

ロードサービスは対象外

自動車保険では、基本的に鍵の閉じ込めや事故の際のレッカー手配などのロードサービスが付帯していますが、ファミリーバイク特約では車のようなロードサービスは補償の対象外となります。

バイク保険を個別に加入する場合には、ロードサービスが付帯しますが、ファミリーバイク特約の場合にはロードサービスが付帯しませんから、万が一に備えてJAFに別途加入するなどの対策が必要です。

まとめ

以上、ファミリーバイク特約のメリットとデメリットを紹介していきましたが、車を所有しており、自分や家族が125cc以下原付バイクを所有しているという場合にはファミリーバイク特約はオススメです。

しかし、ファミリーバイク特約は自動車保険に付帯するという性質上、メリットとデメリットが存在しますので、しっかりと理解した上でファミリーバイク特約の加入の検討をすることが大切です。

ファミリーバイク特約は125cc以下の原付バイクを所有している際には万が一の事故に備えて加入をすることをオススメします。

自動車保険における等級制度の基礎知識前のページ

交通事故発生時の強い味方「弁護士費用特約」とは?次のページ

関連記事

  1. クルマの保険

    バイクの車検証は原本ではなく必ずコピーを備え付ける重要性

    バイクの車検証や自賠責などは原本を携帯するべきなの?本来は原…

  2. クルマの保険

    知らないと大損してしまう車両保険を外すベストタイミングとは?

    車を所有している人であれば、任意保険に加入している人がほとんどである…

  3. クルマの保険

    自動車保険における等級制度の基礎知識

    自動車保険はむやみに使うと損をしてしまうってホント?ホントだ…

  4. クルマの保険

    交通事故発生時の強い味方「弁護士費用特約」とは?

    交通事故が起きてしまったときに、保険会社が介入できないケースがあるっ…

  5. クルマの保険

    自賠責は事故の際の「保険」としての意味は無いのか有資格者が解説

    車の任意保険って年間費用が高いから、任意保険は入ってないんだよね。自…

オススメ記事

お問合せフォーム

    1. メンテナンス

      整備士が教える失敗しないカーバッテリー選びの基礎講座
    2. メンテナンス

      車の寿命を伸ばすオイル交換の基礎知識と重要性を整備士が解説
    3. クルマの保険

      知らないと大損してしまう車両保険を外すベストタイミングとは?
    4. 車検

      車検ステッカー「検査標章」の簡単な貼り方を整備士が伝授!
    5. クルマの保険

      自賠責は事故の際の「保険」としての意味は無いのか有資格者が解説
    PAGE TOP