クルマの保険

バイクの車検証は原本ではなく必ずコピーを備え付ける重要性

バイクの車検証や自賠責などは原本を携帯するべきなの?

本来は原本を携帯しなければ駄目なんだけど、これには問題点があるんだよ!

バイクで公道を走る場合には、車検証や自賠責などを車載スペースに入れて携帯をしている人も多いと思います。確かに、原本を携帯するというのは正しいのですが、これには問題点があります。

この記事では、バイクの車載スペースに車検証や自賠責の原本を入れるべきか迷っている方に向けて整備士が分かりやすく解説していきますので、迷った際に参考にしてみてくださいね!

バイクには車検証の原本を備え付けなければいけない?

まず、車検証の備え付けの義務については道路輸送車両法66条で規定されており「車検証の備え付けをしなければ、運行の用に供してはならない」と定められています。

道路運送車両法66条

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省の定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない

自動車検査証とは車検証のことですので、車両に備え付けなければ走行してはいけないということですね。ちなみに、検査標章とは車検の有効期限が書かれたステッカーなどを指します。

もし、車検証を備え付けていなかった場合の罰則としては50万円以下の罰金となりますが、免許の点数に関しては減点という規定はありません。その理由は下記の表の通りです。

なぜ減点がないの?

車検証の不携帯の規則は「道路輸送車両法」が適用される。この法律では免許に関する減点の規定が定められていない。そのため、免許の減点が生じる違反は「道路交通法」に違反した場合に始めて適用されるものであるため、車検証の不携帯は免許の減点対象ではないという理由。

そのために、車検証の不携帯は50万円以下の罰金が科せられるということになりますが、この規定が適用されるのは稀で、大体は厳重注意か、軽い違反金に留まるということが殆どです。

車検証と自賠責を車載ボックスに備え付けるリスクとは?

バイクは自動車に比べて、盗難のリスクが高い傾向にあります。もし、自分のバイクが盗難されてしまったと仮定して考えてみましょう。

まず、バイクが盗難されるとバイクの名義を変更するための「名義変更」という手続きが必要になります。これは「バイクの持ち主が誰なのか?」ということを車検証の名義に記載し、所有権を確保するためです。

もし、盗難されたバイクの名義が窃盗団の名義に変更されてしまった際には、元の持ち主が「自分のバイクである」という証明をすることが事実上不可能になり、取り戻すことが出来なくなってしまいます。

この名義変更は車検証の原本と自賠責と印鑑があれば、名義変更ができてしまうので、車載ボックスに原本が入っていると盗難された際に、名義変更を行うために悪用されてしまうというリスクがあるのです。

「印鑑が必要なら大丈夫ではないの?」と思われた方もいるかもしれませんが、印鑑に関しては100円ショップの印鑑でも大丈夫なので、事実上は原本の有無で名義変更が出来てしまうということになるのです。

名義変更の条件

  1. 車検証の原本
  2. 自賠責の原本
  3. 印鑑

これらを揃えて陸運局に書類と共に提出をして、受理されてしまった場合には、盗難バイクを取り戻すということはできなくなるので、原本を車載ボックスに入れておくということは防犯上リスクがあるのです。

実際に起こった盗難事例

これは知り合いのバイクショップから聞いた話なのですが、お客様のバイクが盗難されて、窃盗犯は名義変更のために陸運局へ行き名義変更の手続きをする中でコピーの車検証と自賠責を持参していました。

職員が不審に思って「車検証の原本と自賠責は?」と聞いたところ、あやふやな回答が返ってきたために名義変更は行わず、盗難を免れたということがあったらしいのです。

それもそのはずで、車検証のコピーでは名義変更は一切できません。もし、バイクの車載ボックスに原本が入っていたらきっと名義変更がされて盗難車両は元には戻ってこなかったでしょう。

バイクに車検証と自賠責コピーでも問題ないのか?

冒頭でも解説した通り、車検証の備え付けの義務については道路輸送車両法66条で定められた規則であり、原本を備え付けていないと違反になりますので、本来は原本を入れるのが正しいです。

しかし、バイクの盗難率の高さからコピーでも構わないというのが通例となっており、違反金を取られるということは稀で、多くのライダーは原本ではなくコピーを車載ボックスに入れています。

ですが、警官に見せた時に「なんで原本を入れていないの?」と注意をされることがありますので、コピーの余白に「盗難時、名義変更防止のためにコピーを車載」と記載しておくことがオススメです。

POINT

コピーの余白に「盗難時、名義変更防止のためにコピーを車載」と記載しておくと、万が一の時に手短に話が終わりますので、コピーを備え付ける際にはコピーの理由を記載しておきましょう!

まとめ

本来は、車検証と自賠責の原本がないと運行の用に供してはならないのですが、万が一のことを考えると、原本を備え付けるのはリスクが高いです。

警官もバイクの車検証に関しては、盗難率の高さからコピーを入れていても大目に見てくれることが大半ですので、リスク回避のためにコピーを備え付けるということも防犯対策の1つとも言えます。

盗難されて名義変更までされてしまうと、取り返すことが難しくなってしまいますので、バイクの車載にはコピーを備え付けることをオススメします!

車のエンジンルーム内の水洗いが絶対NGな理由を整備士が解説前のページ

故障すると修理費用が高いO2センサーの役割を理解しよう!次のページ

関連記事

  1. クルマの保険

    知らないと大損してしまう車両保険を外すベストタイミングとは?

    車を所有している人であれば、任意保険に加入している人がほとんどである…

  2. クルマの保険

    自動車保険のオプション「ファミリーバイク特約」とは?

    車と原付バイクを持っているんだけれど、原付は任意保険に入っていないん…

  3. クルマの保険

    自動車保険における等級制度の基礎知識

    自動車保険はむやみに使うと損をしてしまうってホント?ホントだ…

  4. クルマの保険

    自賠責は事故の際の「保険」としての意味は無いのか有資格者が解説

    車の任意保険って年間費用が高いから、任意保険は入ってないんだよね。自…

  5. クルマの保険

    交通事故発生時の強い味方「弁護士費用特約」とは?

    交通事故が起きてしまったときに、保険会社が介入できないケースがあるっ…

オススメ記事

お問合せフォーム

    1. クルマの保険

      自賠責は事故の際の「保険」としての意味は無いのか有資格者が解説
    2. クルマの保険

      自動車保険のオプション「ファミリーバイク特約」とは?
    3. 車検

      代行車検を利用して車検を受ける際に生じる大きなリスクとは?
    4. メンテナンス

      車のエンジンオイルをバイクに使用する重大な問題点を整備士が解説
    5. メンテナンス

      他のライダーと差をつける!スリップオンマフラーの美しい魅力に迫る
    PAGE TOP