メンテナンス

愛車を売却する際に高値で買い取ってもらう5つの秘訣

車を売却する予定なんだけど、今乗っている車を高く査定してもらうためにやっておくことを教えて!

車の査定額はできるだけ高い方が良いもんね!愛車を高値で査定してもらうための秘訣を紹介していくよ!

今、乗っている車の乗り換えを検討している方は、できるだけ高く愛車を査定してもらいたいというのは当然ですよね!

車の査定額というのは一定の基準はありますが、売却のタイミングや買取業者によって査定額は大きく変わってきますので、事前のリサーチをするということが重要になってきます。

この記事では、車の乗り換えを検討している方の中で、今乗っている車を高く売りたいという方に向けて高く査定してもらう秘訣を5つ紹介していきます。

車を高く査定してもらうには?

車を高く査定してもらうためにの必須条件として、走行距離が少ない、人気車種である、外装や修復歴が無いということが重要になります。

しかし、車というのは年式や劣化状況によって大きく査定額も変わりますので、一概に車の査定額を算出するということは難しい傾向にあります。

ですが、比較的新しい車の方が良い値段が付きやすいというのは共通している傾向にありますので、車の買い替えを検討している場合には早めの査定を行いましょう!

そして、古い車であっても旧車と言われるレトロな車の場合には想像以上の高値の査定額で買い取ってくれる場合もありますので、事前にインターネットなので目安となる査定額を調べることをお勧めします!

買取業者は一つに限定せず複数比較しよう!

車の買取価格というのは、一律に基準が決められている訳ではなく、買取業者によって査定額が大きく異なるという点に注意が必要です。

同じ状態の車でも、買取業者によって高く査定してくれる業者もあれば、安く査定している業者もありますから、買取業者選びは慎重に行ってください。

特に、早く車を売却したいという方は買取業者を一つに限定して判断してしまう傾向にありますが、これは勿体無いことです。

車を売却する上で重要になることは、買取業者を一社に限定して判断するのではなく、複数の業者から見積もりをもらって、買取価格を比較してみることが大切です。

大手の車買取業者の中には、インターネットで簡単に簡易見積もりを行っているところもありますから、まずは大手の車買取業者で見積もりを依頼してみましょう!

査定に出す前に洗車&室内を掃除しておこう!

車を査定するのは、機械ではなく人間ですから第一印象として汚い車よりも綺麗な車の方が査定価格は高くなる可能性があります。

外装や車内が極端に汚いと、例え人気車種で年式が新しくても査定額が大幅に下がってしまうこともありますので、査定に出す前に車の内装は極力綺麗にしておきましょう。

もし、車内でタバコを吸っていた場合には、消臭剤をいくらかけてもヤニ臭さと内装の汚れは絶対に素人では取れませんし、芳香剤を置いても査定人はプロですから一発で喫煙車を見抜きますので、そのままにしてきましょう。

そして、修復歴は査定人に包み隠さず話すことが重要です。整備士として様々な査定人の姿を見ていると、修復歴は一発で見抜いていますからね!

車を売るタイミングが高値買取の秘訣

実は車というのは売る時期によって大きく査定額が変わる傾向にありますので、高値が付きやすい時期を狙って車の売却を検討しましょう!

特に高く売れやすい時期は1~3月頃に査定に出すのが一番高値で買い取ってもらいやすい傾向にあります。

その理由としては、3月という時期は新社会人や学生が免許を取得して車を購入する方が増えるという理由から、査定業者も多くの車を必要としているのです。

そのために、車を売却するタイミングとしては1~3月頃に車を売却する方が、他の月に比べて高値で査定してもらえる可能性があります。

査定額に不満がある時には交渉をしっかりと行う

実際に車を査定に出して、見積額が出たときに納得できる査定額であれば良いのですが、中には納得できないケースもあると思います。

そのような場合には、遠慮せずに査定額アップの交渉をするということが大切になりますから、納得できない場合には遠慮せずに交渉を行いましょう。

査定人も人間ですから「この業者に車を売りたい」という意思を見せることで、僅かな査定額アップかもしれませんが、査定額が上がるケースもありました。

しかし、あまり横暴に高値買取を希望すると逆効果ですから、そこは注意して査定額アップ交渉を行ってみてくださいね!

査定額が上がる車を売るタイミングがあることなんて知らなかったよ!

大切な愛車を高く査定して欲しいという思いは、皆さん同じだと思います。だから複数の査定業者に見積もりを頼んでみるという事が重要になりますよ!

オイルドレンパッキンはオイル交換時に毎回取り換える必要性があるのか整備士が解説前のページ

車のサイドミラーが故障した場合の修理費用を整備士が解説次のページ

関連記事

  1. メンテナンス

    超危険!サイドブレーキランプ常時点灯の怖い意味を整備士が解説

    車に乗っているドライバーであれば、車を停車した後にサイドブレ…

  2. メンテナンス

    オイルドレンパッキンはオイル交換時に毎回取り換える必要性があるのか整備士が解説

    自分で車のオイル交換をしているんだけれど、オイルドレンパッキンは毎回…

  3. メンテナンス

    故障すると修理費用が高いO2センサーの役割を理解しよう!

    ドライブをしていたら、オレンジのエンジンチェックランプが点灯したんだ…

  4. メンテナンス

    整備士が教える失敗しないカーバッテリー選びの基礎講座

    「車のバッテリーが弱ってきたから、そろそろ交換しないといけないと!」…

  5. メンテナンス

    タイミングベルトの交換費用はなぜ高額なのか整備士が解説

    ひと昔前までは、車の寿命は10年10万㎞と言われていました。しかし現…

  6. メンテナンス

    【整備士解説】キャブレターは何年放置で駄目になるの?

    バイクのキャブレターって何年放置で始動性が悪くなったり、トラブルの原…

オススメ記事

お問合せフォーム

    1. メンテナンス

      故障すると修理費用が高いO2センサーの役割を理解しよう!
    2. メンテナンス

      過走行車のATFオイルを交換するとエンジンが故障するってホント?
    3. メンテナンス

      タイミングベルトの交換費用はなぜ高額なのか整備士が解説
    4. メンテナンス

      整備士が教える失敗しないカーバッテリー選びの基礎講座
    5. メンテナンス

      超危険!サイドブレーキランプ常時点灯の怖い意味を整備士が解説
    PAGE TOP