ひと昔前までは、車の寿命は10年10万㎞と言われていました。しかし現在の車というのは技術力の発展で10年10万㎞説というのは過去の話となっており、しっかりとメンテナンスを行えば余裕で走れてしまいます。

しかし、車というのは消耗品の塊ですので走行距離が10万㎞になる際に行わなければいけない重要なメンテナンスとしてタイミングベルト交換があります。※最近ではタイミングチェーンを採用している車種もあり、チェーンの場合には廃車まで交換の必要はありませんので要確認!

いざ、走行距離が10万㎞に到達したので整備工場に交換を依頼すると、交換費用が非常に高くて驚いたという人も多いのではないでしょうか。部品自体はただのベルトなのにどうしてこんなに高額なの…。と

この記事では車の走行距離が10万㎞に到達してタイミングベルトの交換を依頼したけれど、高額な費用が請求されて疑問に感じている人に向けて交換費用が高額になる理由を現役整備士が解説していきます!

そもそもタイミングベルトはどんな役割をしているの?

まずはタイミングベルトの役割について簡単に説明していきましょう。エンジンというのはピストンの上下運動を回転運動に変えて動力を得ており、ここまではご存知の方も多いと思います。

この際にシリンダー内に空気とガソリンの混合気を吸入するインテークバルブと呼ばれる入口と、燃焼した排気を排出するエキゾーストバルブという部品がピストンの回転運動と連動して動かなければなりません。

タイミングベルトはこのピストンの上下運動とバルブのタイミングを同調させるために必要になるベルトという訳です。ざっくりとした説明ですが理解できたでしょうか?

タイミングベルトの交換はエンジンの一部を分解する必要がある

タイミングベルトの交換はファンベルトやエアコンベルトと異なり、エンジンの内部に装着されており、エンジンルームを開けただけでは見ることはできず、交換の際にはエンジンを少し分解しなければいけません。

エンジンを分解するということは、エンジンを支えているブラケットや、交換の際に邪魔になる部品を整備士が考えながら取り外していく必要があり、これは補機ベルトとは異なり手間がかかります。

ベルト単体の価格は数千円と安いものなのですが、このようにエンジンを分解するとなると、手間賃の方が大きくなってしまうのです。そのためにタイミングベルトの交換の費用の8割は手間賃と考えて良いでしょう。

タイミングベルトと同時交換を推奨する部品とは?

ウォーターポンプ

ウォーターポンプとはエンジン冷却水を循環させるためのポンプで、エンジンに取り付けられています。冷却水はポンプを利用しなくても自然循環しますが、ポンプで強制的に回した方が冷却効率が高いためですね。

このウォーターポンプですが、実はタイミングベルトが回転する力をプーリーを介して回しています。そのために水漏れが発生した際にはタイミングベルト交換の要領で取り換える必要があるのです。

そうなると、部品自体は安くてもエンジンを分解しなければならないために、タイミングベルト交換同様に手間賃が非常に高くなるために、10万㎞という目安で一緒に交換してしまうことが多いという訳です。

冷却水

ウォーターポンプを取り外す際には、冷却水を一度抜いてから取り外さないと大量の冷却水が溢れ出てしまうために、冷却水は一度完全に抜いてから作業に取り掛かる必要性があります。

最近の冷却水は長寿命のロングライフクーラントの採用が一般的ですが、これは廃車をするまで一切交換しなくて良いという訳ではありませんから、交換をして損をするということはありません。

タイミングテンショナープーリー

タイミングテンショナープーリーとは、タイミングベルトの張力を調整するためのベアリング式のプーリーです。プーリーはエンジンが始動している間は高速で回転しているのでベルト同様に劣化します。

テンショナープーリーを交換せずにタイミングベルトだけを交換した場合には、万が一、破損してしまった際にベルトの張力が緩み、ピストンとバルブが衝突してしまいエンジンにとって致命傷となります。

ファンベルト・エアコンベルト

タイミングベルト交換時にはファンベルト・エアコンベルトも一緒に交換してしまうケースが多いです。これはベルト自体に損傷が無ければ再利用しても特に問題はないのですが、できれば同時交換をお勧めします。

その理由として、補機ベルトはタイミングベルトよりも強度が弱く、交換のスパンが早いという理由や、タイミングベルトを交換する際にはファンベルトを初めとした補機ベルトを取り外す必要があるためです。

タイミングベルトを交換しなかったらどうなる?

冒頭でも解説しましたが、タイミングベルトはバルブタイミングを同調させる役割がありますので、万が一、無交換でベルトが切れるとバルブとピストンが接触してバルブが折れ曲がりエンジン始動不可となります。

お客様の中には、10万㎞乗ったらいつ壊れても良いからタイミングベルトの交換はしないという選択をする方もいらっしゃいます。この方の車は15万㎞程度でタイミングベルトが切れてレッカーに行きました。

タイミングベルトが切れてしまうと、修理の際に高額な請求となるために、多少の費用が必要になっても、しっかりとベルトの交換を行うということが、万が一の事態に備えて必要になることだと思います。