そろそろ車の走行距離が10万キロに達するけど、タイミングベルトって本当に切れるの?

整備士として仕事をしていると、道路でタイミングベルトが切れてレッカー移動という経験は稀にあるよ

現在乗っている車の走行距離が10万キロに達している場合には、タイミングベルトの交換が必要になりますが、中には費用の問題で交換しないという選択をするお客さんも稀にいます。

整備士として仕事をして、タイミングベルトの交換作業をしてベルトを見ると「まだ使えるんじゃ…」という思いがしますが、タイミングベルトは無交換の場合には結局切れてしまうことが殆どです。

実際にあった話なのですが、タイミングベルト無交換の軽トラがコンビニで停車してエンジンを始動させようと思ったところセルモーターが空転するだけでエンジンが始動しないというケースがありました。

その軽トラはタイミングベルト無交換で15万キロ走行時に切れてしまったのですが、ピストンがバルブと接触してエンジン載せ替えという判断になり廃車となったという経験があります。

特に軽トラを初めとしたMT車は発進時やエンジンブレーキの際にベルトが強く引っ張られますので、劣化のスピードもAT車に比べて早くなる傾向にあります。

また、タイミングベルトは走行時に切れてしまうと急激な減速によって事故の危険性を招く原因にもなりますから、10万キロを超えたなら必ずタイミングベルトは交換する必要性があるのです。

タイミングベルト装着車を見分ける方法

現在の主流はタイミングチェーンを採用している車種が圧倒的に多くなってきていますが、一部の車種ではタイミングベルトを採用している車種も増えてきました。

乗っている車がタイミングベルト装着車なのか、タイミングチェーン装着車なのか一番簡単に見分ける2つの方法を紹介していきたいと思います。

なお、以下紹介する内容は簡易的に見分ける方法ですので、車種によっては分かりにくい場合もありますので、10万キロに達した場合には、最寄の整備工場に「タイミングベルト車なのか?」と相談してくださいね!

オイルキャップを開けてみる

エンジンオイルのオイルキャップを開けると、タイミングチェーン採用車ではチェーンが目視で確認できる車種が多いです。特にスズキ、ダイハツ車などでは確認しやすいので、まずはオイルキャップを開けて確認してみてください。

下記の写真のようにオイルキャップを開けてタイミングチェーンが見えれば、それはタイミングチェーン採用車ですので、10万キロを越えても無交換のままで大丈夫です。

しかし、エンジンの設計上、オイルキャップを開けてもタイミングチェーンが見えない車種もありますので、そのような場合にはプロの整備士にしっかりと診断してもらうことが大切です。

補機ベルト裏の樹脂カバーの有無の確認

タイミングベルト採用車は補機ベルトの裏?に樹脂製の黒いケースが必ず付いています。このケースの中にタイミングベルトが装着されているという訳ですね。

しかし、チェーン採用車は補機ベルトの裏に樹脂ケースは付いていないという特徴があります。このように自分の車がベルトなのかチェーンなのか簡単に見分けることができますのでぜひ確認してみてください。

上記の写真が分かりにくくて申し訳ないのですが、これはタイミングチェーン車となり、補機ベルトの裏に樹脂のカバーが装着されていません。

このように整備士はエンジンルームを確認してタイミングベルトかタイミングチェーンかを見分けているので、自分の車がどちらなのか気になった場合には参考にしてみてくださいね。