冬の時期になってきたからタイヤ交換をするんだけど、注意点ってあるの?

タイヤ交換は要領を掴めば誰でもできる作業だけど、正しく交換しないとトラブルの原因になるよ!

冬の時期や春先になると、タイヤ交換という作業が待っています。自分で交換する場合は正しく交換をしないと、トラブルの原因になることがあります。

この記事では、正しく安全にタイヤ交換をするための方法と注意点を解説していきたいと思いますので、これからタイヤ交換をする方は参考にしてください。

正しいタイヤ交換の方法

タイヤ交換作業自体は、タイヤを取り外して、新しいタイヤを付け替えるだけの簡単な作業には間違いありません。

ですが個人でタイヤ交換をして異音が発生したり、シャシが曲がったりというトラブルで入庫してくることが多いのが現状です。

これらは間違った箇所にジャッキを掛けたり、ホイールナットを締めすぎたり、規定トルクよりも弱く締めるとトラブルの元になります。

正しい箇所にジャッキをかける

車種によってジャッキアップポイントの箇所は異なりますが、目視でジャッキアップの箇所が分からない場合には、取扱説明書に正しいジャッキアップポイントの箇所が記載されています。

正しくない箇所にジャッキを掛けてしまうと、高確率でシャシが曲がったり、最悪の場合にはドアの開閉時に異音が発生することになります。

そのようなトラブルを防ぐためにも正しいジャッキアップポイントの箇所をしっかりと理解しておくということが重要になります。

最近では、ネットで検索するとジャッキアップポイントの箇所を紹介しているサイトも多く存在していますので、活用してみてください。

足でクロスレンチを回さない

タイヤを外すときに、ナットが固くてクロスレンチを用いて足でナットを緩めるという方を見かけますが、これはご法度です。

まず、足でクロスレンチに力を入れて踏み込んで緩めると、クロスレンチとナットがズレてかみ合います。

そこに足で思いっきり力を入れて緩めるとナット側の溝が舐めてしまう可能性が高くなりますので、タイヤ交換時に足を使って力を入れて緩めるということは絶対に止めましょう。

もし緩まないという場合には、整備工場に出向くとインパクトレンチがありますので、緩まないナットだけインパクトレンチで緩めてもうという方法がありますし、クロスレンチに長いパイプを突っ込んで、トルクを掛けて緩めるという方法もあります。

取り外したタイヤは車体下に入れる

取り外したタイヤを車体の下に入れるという作業は、万が一、ジャッキが外れてしまった際に車体の損傷を最小限に留めるという意味があります。

特にタイヤ交換時というのは、クロスレンチやトルクレンチを使用して力を入れる訳ですから、車体は前後に大きく揺れることになります。

その際に、ジャッキが外れてしまうということは十分あり得ますので、安全確保という意味で取り外したタイヤは車体の下に入れるようにしてください。

足でクロスレンチに力を入れない

これは良く見かける光景なのですが、足を使ってナットを力いっぱい締めるということは、絶対に止めてください。

ホイールナットの規定トルクというのは、しっかりと決まっており、足を使ってナットを増し締めすると、絶対にオーバートルクとなります。

足を使ってナットを締めると、最悪の場合にはネジ山が潰れてしまう可能性が高く、毎年タイヤ交換時期になると一件は足を使ってナットの増し締めをしてネジ山を潰してしまったという修理依頼が来ますから、増し締めは必ず手で行いましょう!

トルクレンチを使用する

車種トルク数
軽自動車85~105Nm
普通自動車110~120Nm

目安となるトルク数を上記の表にまとめましたが、これはあくまでも目安となり、車種によってトルク数は異なってきます。

車種別の詳しいトルク数はネットで検索するか、取扱説明書の備考欄に記載されていますので、必ず正しいトルク数でネットを締めるようにしてください。

空気圧は適正基準まで入れる

タイヤの空気圧というのは、パンクをしていなくても自然と抜けてしまうものです。

中には明らかに適正空気圧に達していない状態で走行している車を見かけますが、燃費が悪くなったり、ハンドルが重く感じたりするなど、良いことは何もありません。

そのために、タイヤ交換をした場合には近くのガソリンスタンドや整備工場で空気圧のチェックをお願いして適正気圧まで空気を入れるようにしましょう。

タイヤ交換は簡単な作業だけど、注意する点が沢山あるんだね!

車を支えているのは4本のタイヤだから、しっかりとした手順で交換するということが重要だよ!