私が不真面目会社員を演じる理由

このブログを閲覧して頂きありがとうございます。

私がなぜ、このブログを行うに当たった経緯について解説します。

ブログ名にもあります通り【YAYUYU LABO】は「研究・実験」といった意味があります。

そんな中、日本のニュースを見ていると「若くして自ら命を絶ってしまった」という情報を頻繁に耳にするようになりました、それは一般人でも有名人でも同じです。

そのような中、私の友人も若くして自ら命を絶ってしまったという一報を聞いて、親族の方に深入りせず、お話を伺ったら「毎日がつらい」「会社に行くのが嫌だ」が口癖のようになってきたそうです。

そこで私は思いました。日本人の国民病とまで言われている「鬱・ストレス」の原因を作っているのは何だ?

当然それは、学校であれば人間関係、会社であれば上司からのパワハラや人間関係ということになります。

このストレス社会を楽に楽しく生きるためには、どうすれば良いのか?毎日、自問自答を繰り返してたどり着いた答えがこれです。

「転職して、その職場では礼儀正しく振舞って、上司の顔色を伺いながら真面目なフリを演じるを6年間続ける」

これは終了しました。

「そして数年後、再び転職をして、その職場では超絶不真面目人間を演じる」というものです。

この実験は現在進行形で、2021年8月から超絶不真面目人間を演じる職場に正社員として潜入しています。

これはストレス社会と言われている世の中で、真面目に生きるのが幸せなのか?不真面目に生きるのが幸せなのか?を検証するブログです。

不真面目にも限度というものがあります、そのため私は下記の4つは必ず守って新入社員として潜入します。

必ず守るルール
  1. 会社に損害は絶対に与えない
  2. お客様に失礼な態度は取らない
  3. 不真面目を演じるため、理解が遅い人物を演じる←元々理解は遅いので問題はありません。
  4. 理不尽な先輩の要求は全て反論する
  5. 重役出社・定時退社を徹底する

特に、真面目を演じていた職場では、皆さんが想像通りの会社員ですので、話は割愛することもあります。

このように、このブログではその経過過程を記録していきますので、面白半分で気になる方はチェックしてくださいね!

一つだけ忠告しますが、私の性格は真面目ですよ!

そして最後にお願いがあります。この実験は日本から少しでも鬱病患者やストレスで悩んでいる人達を減らすために人生をかけて挑戦しています。そのため、厚かましいお願いですが、Twitter等で拡散していただけると幸いです。

自己紹介

遅くなりましたが、簡単に私の自己紹介から始めます。

私は2014年頃から「稼げりゃニートでも良いんじゃないの?」というサイトを運営していました。

このブログは月間PV30万程度の閲覧者数が居たのですが、この規模になると会社の同僚にバレてしまい

「退社をするか?」「ブログを続けるか?」という2択を社長から選べと言われました。

毎日、仕事から帰ってきてコツコツと2000文字程度の記事を書くのが私の趣味の一つでしたので、相当迷いました。

その頃、イケダハヤトさんがTwitterで「面白い記事があれば転載します。僕を踏み台にして頑張ってください」

という投稿がありましたので、夜中の12時でしたが早速送ることにしました。

確か「ニートが快適に暮らすための20個の守らなければならない条件」だった気がします。

その翌日、イケダハヤトさんから「記事頂きます。」というDMが届き、嬉しさのあまり会社を休もうかと思いました。

イケダハヤトさんと言えばブログ界の神様的存在ですから、うれしいのも当然です。

しかし、そこは会社員として出社をして社長に「ブログの件について一週間の時間をください」とお願いしました。

そこから、悩みに悩んで下した決断が「会社員を続ける」でした。

当然、ブログは2800程度の投稿があった記事も全部削除を余儀なくされ、今までコメントをしてくれた方ともお別れです。

私は、比較的インドアであり、ブログが唯一の趣味だったので、泣きながら2800記事を削除し、ドメインも手放しました。

しかし、現在は状況が変わり再びブロガーとして活動再開をすることができるようになりました。

このブログの趣旨

このブログのメインは「不真面目会社員」だけに焦点を当てたブログではありません。

皆様の役に立つ情報も執筆しますし、オピニオン記事系の記事も執筆します。

一つだけ理解して頂きたいのは「不真面目会社員」の記事に関しては文章内容を偉そうに書きます。

それ以外の普通の記事は、このような敬語で執筆しますので、どうかご理解ください。

長々と自己紹介をしましたが、これで以上となります。

補足ですが、これは私の人生をかけた実験となります。

真面目な人間と適当な人間ではどちらの方が幸せなのか?ということについて気になる方はチェックしてみてください。

そして、大変恐縮ですが、TwitterなどのSNS等で拡散して頂けると幸いです。

長くなりましたが、閲覧して頂きありがとうございました。